成長する黒歴史の成れ果て

懐かしいテキストサイト風のブログ始めました。

タグ:本多圭祐

    このエントリーをはてなブックマークに追加
毎年恒例の花粉症の季節がやってまいりました。日本人の4割程度が花粉症らしいんですが、例にもれず私も花粉症です。

今でも覚えてますが、小学5年の3月の初めごろ異常に目がかゆくなって、目を取り出して洗いたい程度には我慢できなくなったんですよ。それまで、目が痒いからって病院いっちゃだめだろと思ってましたから、今では信じられないぐらい我慢しました。多分、下のほうの我慢度合いで言うと漏らしてましたね。下のほうなら漏らすくらい我慢したわけですけど、土曜の夜にスラムダンク見てるとき限界がやって来たんですよ。思っちゃったんですよね。下なら漏らしてるレベルなのに病院行ってはいけない理由はないのではないか?!と。んで、日曜に緊急外来に行ったんですが花粉症による結膜炎ですとのこと。それにしても、あの時はマジで死ぬかと思いましたね。少なくとも目は見えなくなるんだなと、スラムダンクも幽遊白書も見ること出来ないんだなと、てかアニメは見るんじゃなく聞くんだなと、マジで泣きました。多分親父の葬式とかでも、あんなに涙は出ないと思いますね。まあ、花粉症で涙目になってるんで心からの涙かはわからないんですがね。

なんというか、そういうパラダイムシフトというかブレイクスルーというか経験しちゃうと病院へのハードル下がりますね。そのちょっと後に、昼飯を異常な量食べておなかが痛くなって病院行きました。常識で考えれば食べ過ぎなんですが、絶対盲腸だと思いましたからね。んで緊急外来ついたころには痛み引いてて、親父は呆れてました。恥ずかしくて俺には説明できんから自分でしろとのこと。お医者さんに、どれだけ食べたか言った後、盲腸だと思いましたがもう痛くなくなりましたと説明しました。「食べ過ぎだね」と一言頂きました。知ってます。というか気付いてました。漏らせるものなら下からだしたかったんですが、そういう訳にもいかない。車じゃないからアクセルとか無いです。病院行くかどうかは漏らすという状態を超えるかということにかかってるのかもしれませんね。どうぞ、みなさんも参考にしてください。

ちなみに、年齢ばれちゃいますが、私が花粉症になったのは1995年でして、調べてみると前後10年で最高の飛散量だったようです。私の年齢ばれるとか死ぬほどどうでもいいですね。そういえば親戚のおっさんが、運転中にクシャミで事故ったことありますから、花粉症の方がよっぽど死に近いと思います。今読んでる方で30代以上の方は、この年にに花粉症になったという人も多いのではないかと思います。また直近10年だと、半分以上が1995年越えちゃってるという地獄のような飛散量です。

あ~何度も添削しましたが我慢できないので書きますが、飛散だけに悲惨です。

最近は、第二世代抗ヒスタミン薬とかいう神性能の薬がありますから楽なもんです。
代表的なのは、何かと話題の元SM○Pじゃないほうのジ○ニーズの人気グループ所属の○野くんのCMでも、話題になったア○グラとかですね。ジ○ニーズってあえて伏字にするとなぜかスキャンダラスな気持ちになります。あの手のファンって何に切れるか分からんのが一定層いますからね(事務所もですが)。用心にこしこたことはないです。誰も見てないんだから炎上した方がいいんじゃないかという気もしますが根が恥ずかしがり屋さんなんで、細々とやってきます。

そうそう、書きたかったことは最近、薬(ヤバい奴ではないです念のため)のレベルがあって、安心感あるから家にいるときは、あえて薬を飲まない。あえてね。よくわからないこと言った後に、"あえてね"をつけるとなんとなく本多圭祐っぽくなりますが、私の話です。当然鼻水出ますから、化学ではなく物理で止めてみたりします。まあ、ティッシュを鼻に突っ込むだけですけどね。

んで、そのままコーヒー飲んだら、ティッシュにコーヒーついちゃって、鼻の粘膜からカフェイン直接摂取という、薬物中毒者の真似事みたいになりながら咳込んだんですよ。そしたらカフェインのせいかハイになってきて、病気なんじゃないかと思いながらハイテンションで、このブログに至りました。

若干尻すぼみなのは、さきほど下の方だしてきたからです。やっぱ、病気かどうかは下の我慢と比べるのがいい気がします。食事中の方いたら申し訳ないですが、すごくスッキリしました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
高校入学これは人生の一大イベントである。
ある黒歴史研究家の調査にもとづくと、大学デビューにつぎデビュー戦とすることが多いのが高校デビューである。

高校デビューに限らないが、デビュー後にさまざまな問題が発生する。それは、過去だ。準備と言いかえてもいい。
殆どの人間は問題が発生するまで、自分が無計画に生きてきたことに気付かない。

私もその一人である。高校になったら金髪にして、バイトして、彼女つくって・・・
まあ、ほとんどの男(女)がそんなような漫画にしか描かれていないような夢見ていたに違いない。
今まで帰宅部だった奴が部活デビューを考えているかもしれない。
しかし、事前に独学で調査やトレーニングはしない。ほとんどの人間とはそういうものである。もうオマセな小学生と知的レベルは変わらないのだ。

私が入学した高校は、入ると8割は入学時よりバカになる。(残りの2割は大バカになる)
中学の時は方程式が解けていたのに卒業時にはとけなくなっている。
進学校と言っているにも関わらず、国立大学進学率は1%未満。というか0%の年もあるという自由な校風が売りの素敵な学校だ。


私の場合、両親が厳しいので、緩いところに行かないと自由はないと思い。親から見たら本命の高校にワザと落ち、自由を謳歌する作戦を描いていた。はっきりと言ってバカである。また、この学校は、受験倍率県内ナンバー1の20倍前後であることが自慢で、本当のおバカさんにはハードルが少し高く、滑り止めに受けるような場合は100%受かるという(入学時限定であるが)丁度良い学力の学校でもある。

そういう事情がある中、私はオマセな小学生並みの夢を描き、中学時代を過ごした。

入学願書を出しに行った時の事だ。バス停で他校の生徒と同じになった。なんと同じ学校に願書を出しに行くらしい。
どの学校にも、はじめて会った人と仲良くなることにたけた人間(当時はそれをチャラいと思っていた)がいるものだ。
案の定どちらの学校にも、お前らの神はオリラジの片割れかというほどのチャラいやつがいた。俺は富樫先生信じてるからって思いながら黙っていると、お前らどこ中?部活何やってんの?とか言っていた気がする。そもそも行きのバスで会ったのだから、バスの中、願書の受け付け、そして帰りのバスも同じである仲良くなるには十分な時間があった。
しかし、私は無言を貫いた。あっち側にも同じような根暗がいて、やはり無言だった。ある意味では心通ずるものを感じた。

考えてみてほしい。倍率20倍、入学後は10クラス、相手は5人、こちらも5人である。
入学後は同じクラスにはならないと直感した。あくまでデビューは高校。まだ中学生だよ?
「今は、根暗のままでいいんだよ」と神が囁いた気がした。あっちの根暗も、まだ無言である。やはり仲間だ。同じ神を信じているとしか思えない。そのサツバツ、それがいま求められている全てであり、これから2度と会わないメンバーと会話するのは我々の宗旨に反する。
正解は沈黙。HUNTER×HUNTERでクラピカが言っていた。作中でトップレベルに頭の切れるクラピカが言っていた。だって、クラピカは俺より偏差値20くらい高いよアイツ偏差値80近いって、ハンター試験受かるんだよ!?富樫先生早く連載してください。もう作画は似た絵を描ける人に任せて構成だけ考えて下さい。

心の声が漏れた気がするが仕方がない。富樫先生の別作品の幽遊白書のエンディングテーマ、"太陽がまた輝くとき"でもうたわれていた。

♪本当は誰もが伝えたい心の声よ 今こそ届けぇ~、外はあ~めぇがまだ止まぁ~ずぅに濡れてる人々と街がそれでも太陽信じてる!!♪

そう、富樫先生は太陽。そして、正解は沈黙である。

まあ、結局その根暗野郎と同じクラスで、しかも隣の席になった根暗野郎が私です。マジありえない。いい迷惑ですよ。こんなバカ高校入学してるんじゃねーよ。まあ、向こうもそう思ったでしょうね。最初会ったときに根暗キャラだったのに、今さらデビューできない。どないしましょ?自分の信じる神に問いかけました。正解は沈黙。
やっぱりね。富樫先生は正しい。クラピカは正しい!そう思って面識あるのに会話するまで2週間くらいかかったわ。
なんか、仲良くなるわけでもなくなんとなくの付き合いが3年続いた。まあ、初動根暗だからね。お互いそこ変えられないよ。てか、10人のうち、4人ぐらい入学してたわ。倍率20倍って嘘かよ。

んで、今になって自分の信じるクラピカの気持ちになりきって考えてみたんすわ。

まず相手の5人のうち誰も入学しない可能性は、0.95の5乗。77.38%。
相手のうち1人が入学する確率が23%と仮定する。
10クラスに均等に人が振り分けられ、特定の2人の人間が同じクラスになる可能性は10%。
私が入学する可能性は99.9%と仮定し確率を計算すると0.23 × 0.1 × 0.999 = 0.022977 ≒ 2.3%となる。

あ~まじ、クラピカさんならその可能性捨てないわ、ハンター試験で2.3%を考慮しなかったら確実にやられる。
ヒソカに相手すらされないわ。サトツと走ってるとこでやられてる。てかトンパに毒入りジュース飲まされてる。

そう、信じてる神がすごくても、本人がすごくなれるわけではない。
準備してないとダメなんですよね。本多圭祐も準備が大事って言ってたわ。
タダのビッグマウスと思っててごめんなさい。

みんなも、富樫先生がHUNTER×HUNTER連載再開した時のために、いい準備しよう!!

このページのトップヘ