成長する黒歴史の成れ果て

懐かしいテキストサイト風のブログ始めました。

タグ:悲しきオオカミ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私の母は無料が好きだ。住宅展示会で粗品をもらうために買う気のない家を見に行き、ボールペンや文房具のために保険屋の話を聞く。スーパーの試食では買う気はないしが、自分では恥ずかしいから子供に無理やり食べさせる。とにかく"ただ"が好きなのである。言っときますが車で移動してますんで、粗品よりガソリン代の方が高いですからね。ほんと計算が出来ない。多分0、1、たくさんの概念で生きてるようです。
電気もとりあえ切れば"ただ"と思っていて、自分がいない時はエアコンはつけない。大概の家電は待機電力より起動時とかの電力の方がかかるってのにね。
しかもそのせいで、母本人のビデオの予約全部消えて毎日のように入れてました。(時代感じますが25年くらい前なので、曜日、時間指定で録画のうえ、ディスクとかないから、瞬断でもあれば録画できないという悲しいものでした)あんた時間系の能力者と戦ってんのかい?DIOかい?ポルナレフの気持ちになってるのかい?って感じでしたね。

これは他人事じゃなくて、高校生のころせっかくビデオデッキ買ったのにいつコンセント抜かれるか分からないから録画に利用できないという状態になり、aiwaの激安ビデオデッキは録画予約することも叶わぬ悲しきオオカミと化しました。
他にも当然影響を受けていて、小学一年生から小学六年生までずっと家を買って1人部屋になるという妄言にだまされて、夢見てましたわ。マジで万華鏡写輪眼。いや、気付きそうなもんなんですが、買う気もないのにボールペンとかもらいに行って、めんどくさい電話対応とか、大量のDMに悩まされる人がいるとは思わないじゃないですか。信じるのが自然ですよね。簡単には破れないのが血系限界を持つものの瞳術です。むしろこっちは買う気なのに迷惑な仕組みだなと思ってましたよ。今や受け継がれし血系限界の瞳術で瞬時にこちらも見破れるんですが、あの頃のきれいな目の自分にはわからなかった。タイムスリップして覚醒させたい。マジ世界線が激変しそうです。

最近では、ホテルのアメニティを持ち帰るのにハマっていて、韓国旅行に歯ブラシとか歯磨き粉、割りばしを持参して安ホテルのアメニティ持ち帰ってきて、お土産話もただという徹底ぶりですからね。
当然家の中ではどやってるんですが、職場で近場に旅行行ってアメニティ持って帰ってきた話したせいで、そうとう馬鹿にされたらしく、急にヨーロッパ旅行ですわ。向こうの食事は高いからカップ麺もっていったそうです。そういうトコだぞ。と言いたいところです。

まあ、そのんな生活続けてるとリアルに影響でてきましてね。もう営業電話がすごい。個人情報保護法とかなかったり、ぐだぐだだった時代ですから、電話かけてダメだと他の業者に売るみたいなの横行してましたからね。完全なノーガード戦法。もうやめて、とっくに私たちのHPはゼロよ!!って感じ.
ピークは一日5~6件は電話あったと思います。母以外は常に被害を受けていたわけで、電話も母宛です。そんなワケで家族全員が悪質な布団販売みたいな感じで、全く悪気なさそうにニコニコで、この前お母さんが欲しがってたものが安く買えるんだって!みたいな。絶対買う訳ないのに、営業側に回ってました。まあ、買うっていったらそれはそれでダメ!絶対!!なわけですが。。それが何カ月か続いたころ急に怒り出しましてね。いつも目立たない父がターゲットになったんですが、「これから電話かかってきたら、私の妻は死にましたって言って!!」と爆発しましてね。それから営業電話来るたびに母が○んだことにしてたら、すぐ無くなりました。もう無くなったのか、亡くなったのか分かりませんがね。ちゃんと生きてるかどうかの情報もメモして名簿回してるみたいで偉いなーって感じですね。

少年漫画とかの以前の俺は死んだ。今の俺は前とはちがうぞ。とかカッコいいパターンでは、見たことあったんだけどね。いや、主人公が頼み事されて、面倒だから死んだって言っといてってなったらどういう漫画だよって感じですわ。

N○Kとかもそうですが、○○は死にましたは結構使えますから、やってみることお勧めします。
あっ、1人暮らしでやると、じゃあお前誰だよで警察沙汰なんで、そこだけお気を付けを。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私の家の電子レンジは700Wだ。500Wでも600Wでもなく700Wなのだ。

500W、600Wそして高価格帯の1500Wの電子レンジが並ぶ中、低価格帯の商品の中で700Wのものがあったからだ。もうね、買うしかないじゃん。だってね。私って、コンビニ経営者でもなければ、浜松町から成田にヘリで移動するような時間にシビアな人間じゃないじゃない!?当然高価格帯の高出力はいらない。かといって早くあったまった方がいいに決まっている。メーカーごとにムラがなくなるだのどうだの書かれてるけど、そんなんいろいろ温めてみないと分かんないじゃん。数字だよ数字、出力数しか信じるものないじゃん。だって私も男の子ですよ。ロボットアニメで新型ロボットの出力が!!みたいな設定好きなんだもん。低価格帯で700W買うに決まってんじゃん。買うとき思ったね。「ザクとは違うのだよザクとは!」って気持ちになったもん。俺の中に一瞬だけランバ・ラルの魂おりてきたもの。700Wのマイクロウェーブで何でも温めてやるわって思ってたよ。あの時はね。

まあ、結果失敗でしたね。ラルもアムロに負けたし、700W買った私も当然負けましたわ。
だって、世間は500W、600Wが主流じゃん。レシピも弁当も冷凍食品も500Wや600Wのことばかりですわ。たまに1500Wのことが書いてあるくらい。君たち0156の4つの数字しかシラネーの?って感じ。どんだけ温めたらいいか分からないですよ。電子レンジって手軽に温める機械じゃないですか?なのにどれだけ温めたらいいのかわかんないわけ、もうね。ある意味では直火であぶるのと変わらない。いや、あったまってる様子が見えない分それ以下かもしれない。ほんとダメなやつ。

そもそも、なぜこの現代において低価格帯においても500W、600W&ターンテーブル式が多いのか?
それは温めのムラを簡単になくせるからなわけですよ。一つはターンテーブルで物理的に対象を動かしマイクロウェーブ照射のムラをなくすこと、もう一つは低出力で時間をかけてマイクロウェーブでの直接の過熱のみに頼らず、温まった部分からの熱伝導を利用することなわけです。要するに低出力で時間かけて回したらムラが減る!!しかも、仕組みが簡単!ということですよ。

でね。この辺でわかると思うですけど、電子レンジ変えてから暖かさのムラがひどいんだよね。あるところは激熱、あるところは解凍したばかりって感じ、よくあるじゃない。小さなライブハウスで名の知れないバンドたちが対バンするときとかさ。ほとんどのバンドの時は、最前列の数人とか十数人がアツアツの沸騰状態で、残りはマジで常温というか、逆に冷えた感じになるやつあるじゃん。ほとんどあれ、冷凍唐揚げを解凍するときとかね。こいつは熱烈なファンだってやつと、あっ興味ないのね(察し)みたなのが一堂に会する不思議な場ですわ。

じゃあ、逆にどうして700Wとか増えたのかね。私が思うにそういう営業さんとかいたんだろうね。500Wと600Wが多いなら700Wを作ればいいじゃない。ってのがね。そんなん考えてたら、もうこころでプロジェクトXごっご始まったわ。

♪♪♪ん~風の中のすーばる~♪砂の中の銀河ぁ~♪みんなどこえいいったーみおくぅーられることもぉなく~♪!!

全社会議で社長は言った。
「来季の電子レンジ部門の売り上げ目標は今期の3倍だ」

営業は口々に言った。
「そんなことは現実的じゃない」
「出来るわけない転職しよう」
「赤い色したザクじゃないんだから。。」

その後の営業会議は紛糾した。そして誰かが言った。
「技術部門に相談しよう」

技術部門は言った。
「価格を変えずに今より機能的にするには、時間も予算も足りません」

ある営業が言った。
「W数上げちゃえば?どうせ500Wと600Wばかりだし700Wにすれば売れるっしょ。」
他の営業も続く。
「お客さんは、お前らが考えてる細かいとこなんて見てないんだよ早くやれや」
「数字変わるの分かりやすいよね。営業とトーク簡単だし」
「とにかくやれよ。もう出力も3倍にしちゃえ」

技術部門は食い下がる。
「出力を上げるのは簡単です。ただ、今より出力を上げればムラが出やすくなり、お客様の使い勝手が。。」

営業部門長がいった。
「お前らの作ったもの売ってるの誰だと思ってんだよ。お前らがネジとかこねくり回して遊んでる間に俺たちが売ってるんだよ。違うか?700Wにしろ!!」

♪♪♪つぅばめよ高い空からぁー教ぃえてよ地上の星を~つぅばめよ地上の星はぁ~今どこぉにあるのぉだ~ろう♪

こうした熱いの戦いの果てに生まれた悲しきオオカミそれが700Wの電子レンジなのだ。

まあ、完全に営業戦略に負けましたわ。妄想ですけどね。多分あってると思うわ。
あと、なんというか地上の星っていい曲ですよね。いい曲だし何でもプロジェクトXになるしね。
ちなみに、Wって仕事率の単位ですからね。理論的には以下のように簡単(意外と難しい)に計算できます。

500W 3分30(210秒) なら 700W は 210×5/7=150=2分30秒
600W 3分30(210秒) なら 700W は 210×6/7=180=3分00秒

って感じで計算すればいいはずです。
短ければ短いほどムラが起こりやすいかとは思います。
まあ、めんどくさいから、私はいつも適当に使ってますね悲しきオオカミをね。

このページのトップヘ